※一生もの革財布※水に強いイギリスレザーのネイビー色長財布

革財布

ネイビーカラーのブライドルレザー財布

イギリス伝統的な革素材のひとつが「ブライドルレザー」。蝋引き加工によって創出される革です。

「丈夫さ」と「水への強さ」が特徴&魅力となっています。

イギリスのブライドルレザーで仕立てた革財布は一生ものアイテムに!

ブライドルレザーの革風情

英国を代表する革素材のひとつ「ブライドルレザー」は、馬具に使用されるような堅牢・強度の高い牛原皮をベースに「蝋引き加工」を施すことによって創出されています。

革素材の中で、最上位に位置づけられる「強度」を有しているのがブライドルレザーなんですね。

ブライドルレザーの革表面を覆っている「ブルーム」は、革繊維内に浸透している天然蜜蝋が粉状に噴出したもの。

ブライドルレザーならではの、風情と魅力を作る要素となっています。

そんな革表面を覆う「ブルーム」と革繊維内に含まれている「天然蜜蝋」によって、もたらされているのが「弱撥水性」。

*水をはじく力

を有しているのです。

あくまでも、他の革素材との比較での話ではありますが、「水に強い(部類の)革」と言えるんですね。天然蜜蝋が革繊維内に水が浸入してくれるのを防いでくれるからです。

 

「水しみ」になりにくいので、一生ものの革財布に!

革財布が寿命を迎える原因には下記要素があります。

  • 財布の型崩れ
  • ファスナーなどの破損
  • 縫製糸の解れ拡大
  • 革の水しみ・汚れ
  • 革の劣化・損傷

「財布の型崩れ」及び「ファスナー破損」は、「財布の使い方」と「仕立て技術」に大きく起因する要素。

「縫製糸の解れ」は主に「仕立て技術」の良しあしのにて決まる要素。

「革の水シミ・汚れ」「革の劣化・損傷」は、主に「革素材の特性」に起因しています。

ブライドルレザー革財布は、「革強度が高く」「弱撥水性」を有していることから、「革の水シミ・汚れ」「革の劣化・損傷」によって、財布が使えなくなってしまう(寿命を迎える)ことが少ない革財布なんです。

ゆえに、「高い仕立て技術で作られたブライドルレザー財布」を選べば、普通の使い方にて、一生ものと言えるアイテムとなります。

英国紳士の堅牢さ・・・そんな特徴が宿った革財布と言えそうですよね。

 

安価なブライドルレザー財布には要注意。

ブライドルレザーの仕立て技術

ブライドルレザーは上記のように、とても「丈夫」で「弱撥水性」のある革であるが故の注意点があるんです。

それが。

*財布に仕立てにくい(高い技術を要する)

ということ。

強度が高い革ですので、革に針を通すのも一苦労なわけです。(硬いので)

さらに、天然蜜蝋の存在は、「接着剤の接着力を弱めてしまう」作用があるのです。

革財布は何枚もの革を張り合わせることによって作られるもの。その際に、天然素材の接着剤を併用するわけですが、ブライドルレザーの場合、その接着が困難なわけです。

ゆえに、財布に仕立てるための高い技術が必要になるということ。

別の見方をすると、「安価なブライドルレザー財布」というのは、高い技術で仕立てられていない革財布が大半なんですね。

ですから、逆に他の革財布よりも「寿命が短い財布となってしまう(型崩れが生じる)」可能性が高いのです。

末永く活用したいと考えて、ブライドルレザー仕様の革財布を選んだのに・・・早々に型崩れなどが生じて来ては、本末転倒ですよね。

*ブライドルレザー仕様の財布を選ぶときは、日本の革職人仕立てのアイテムを選ぶ

ことをおすすめいたします。

 

日本の革職人が仕立てた「ネイビー色」のブライドルレザー長財布

アルフレートウォレット

様々な商品の中から、今回は「ネイビー色」のブライドルレザー仕様スリムデザイン長財布「アルフレートウォレット」をご紹介したいと思います。

本場イギリスから上質ブライドルレザーを輸入、日本の匠革職人が丹精込めて仕立てた一品。

重厚感が際立つブライドルレザー財布の中に合って、「ネイビー」カラーは、「センスの良さ」「スタイリッシュさ」を感じさせてくれるのが魅力と感じています。

アルフレートウォレットに関する詳細な商品レビューは下記記事に記しています。ご参照いただければと思います。

↓↓↓

  1. アルフレードウォレット|ブライドルレザー仕様のスリムデザイン財布
  • ブランド:COCOMEISTER
  • 素材:ブライドルレザー
  • 色彩:ブラック、ロイヤルブラウン、モスグリーン、ダークネイビー、ヘーゼル、ロンドンキャメル、スイスレッド
  • 価格:¥31,500円(税込)