【評判・感想】ブライドル・アルフレートウォレット(長財布)

ブライドルレザー

ブライドルレザー仕様スリムデザイン長財布

COCOMEISTER(ココマイスター)の”ブライドル・アルフレートウォレット(長財布)”の感想と評判をご紹介。

ブライドル・アルフレートウォレット|COCOMEISTER

アルフレードウォレットのデザイン

●ブランド:COCOMEISTER
●素材:ブライドルレザー
●色彩:ブラック、ロイヤルブラウン、モスグリーン、ダークネイビー、ヘーゼル、ロンドンキャメル、スイスレッド

アルフレートウォレット の感想

”アルフレードウォレット”を実際に手に取って、チェック。「革の目利き」の経験も活かしつつ、素直に感じた”思い・感想”を記してみたいと思います。

アルフレートウォレットの「デザイン」

アルフレードウォレットのマチデザイン

●スタイル:フラップデザイン長財布
●マチ:ササマチ

「アルフレートウォレット」は、上質な”ブライドルレサー”を使用して、日本の革職人が仕立てた「スリムデザイン」の長財布です。

コンパクト&スリム

が強く意識されたフォルムデザインと感じています。

ビジネスシーンにて、スマートに財布を活用することができる(スーツの内ポケットからの出し入れが容易)長財布に。

実際に異なるスーツ内ポケットに出し入れしてみましたが、とてもスムーズ。「小銭(コイン)」を入れないようにすると、さらに快適にポケットへ収めることができました。

「アルフレートウォレット」を横から見ると、”スリムさ”を追求したデザインとなっていることが良くわかります。

「ササマチデザイン」を採用。シャープ&スマートな印象を受けるフォルムデザインに仕上がっているものと感じています。

アルフレートウォレットの「機能性」

アルフレードウォレットの機能性

●カードポケット:11か所
●札入れ:1か所
●フリーポケット:3か所
●小銭入れ:1か所

「アルフレートウォレット」はスリムデザインの長財布としては、高い収納力を有しています。

一般的な「長財布(フラップデザイン)」として、標準的な「ポケット数(カードポケット、フリーポケット)」を有しています。

アルフレードウォレットの収納ポケット

せっかく、”スリムデザイン”であることを追求した長財布。「小銭入れポケット」も標準的なサイズのものが設置されていますが、実際、手に触れて思うのは・・・やはり、「小銭は入れない」で活用したいということ。

”ササマチデザイン”となっていますので、小銭を入れた時、ポケット底部が結構、”狭まっている感”があるんですよね。

「コインをつまみ出す」

といった感じで、小銭の出し入れをする必要があります。

このような使い方をしていると、必然的に「小銭入れポケット底部の側面」が傷みやすくなりますので。

同時に、「コインの跡」がポケット側面の革に付いてしまうことに。内装は”ヌメ革”ですので、余計に、「コインの跡」が目立つようになってしまうことが想像できます。

ゆえに、スマートに使用する長財布としての機能性を最優先に、「小銭入れ」は別途用意する形で使用したい・・・そう感じています。

アルフレートウォレットの「風合い(革風情)」

アルフレードウォレットの風合い&特性

「アルフレートウォレット」は、とっても”スリム”で”シャープ”なフォルムデザインとなっているのが特徴。

普通は、”ブライドルレザー仕様革財布”の場合、「重厚感」と「シックな風情」を最も強く印象付けられるのですが・・。

このアルフレートウォレットの場合は、「シックな風合い」を感じさせながらも「フォーマルさ」と「スタイリッシュさ」が印象的な長財布となっています。

革の風情としては、”落ち着いた佇まい”なのですが、スタイリッシュ&スマートなフォルムデザインから受ける印象なのでしょうね・・なんとなく「若々しさ」も秘めている、そんな長財布と感じます。

●20代・30代の働き盛りの男性

にとっても、お似合いの長財布なりそうです。

 近年人気の風水カラー「緑色系」のラインナップ。

モスグリーンの色。

近年、「長財布」において人気の風水カラーとなっているのが「緑色系」の色彩です。

ただ、なかなか「緑色系の色」って、使い方が難しいものなんですよね。彩度・輝度の高い「緑色」だと、派手さが際立ってしまいやすいので・・。

そういう意味で、こちら「アルフレートウォレットのモスグリーン」は、緑色系ながら、とっても上品で、かつ、スタイリッシュさを感じさせてくれる色調と感じます。

「金運を招きたい」と思っている方なら、この”モスグリーン”カラーは、最高の長財布となるのではないでしょうかね。

アルフレートウォレットの評判(口コミ)

実際に、アルフレートウォレットを購入した方の口コミ・評判(購入に至った経緯など)をご紹介したいと思います。財布の購入判断のご参考にしていただければと思います。

購入時に革が硬く少し扱いにくい部分に関しては覚悟していたのですが、カード入れが縦に挿入するようになっているためはじめは折り返しがうまくいかずかさばるような感覚になるかもしれません。

慣れてくると自然とちょうど良い厚さに馴染んでくるため現在は大変満足しております。

革の質感、サイズ感ともに想像通りですのであとは馴染ませていくだけといった感じになります。コイン入れがマチ無しのため普段小銭を利用する方は窮屈になります。

候補のブランドはいくつもありましたが革の感触や質感、蝋の入り方と発色で決めました。接客の熱心さや姿勢、身だしなみもポイントの1つです。同業者として学ぶものも多かったです。アフターケアの説明、革を扱ったことのない方への配慮や堅すぎないところも良かったと思っています。

スーツやジャケパン、ドレススタイルで普段歩かれる方には特にオススメです。財布本体にカード類をかなり入れ胸ポケットに入れても財布の形が表から見た時にほとんどわからないです。

とてもスタイリッシュなデザインです。色もかなりの種類がありました。職人さんがひとつひとつ手作りで作られているということで、財布ひとつひとつの色が微妙に違います。

購入の際二つ財布を出していただきどちらか好きな方と言われましたが、内側の皮の色が全然違っていて、良い意味でびっくりしました。

天然の皮を使用されているということでこの辺りも使いこむ、とても馴染んでくるのではないかと考えて今からワクワクしています。

一目で気に入り即決購入しました。半年ほど使用してみての感想です。まず革は徐々に風合いが出てきました。手に馴染む感じがいいです。

ちょこちょこと傷は着いていますが浅い傷は月一の手入れでそれほど気にならないです。カバンの金具などに擦れてしまった所は染料の下の革の裸地の色が出てしまい目立ちます。

あとは折り目の皺が目立つようになってきたのが-1ですかね。かなり気に入っているので末永くお付き合いしていきます。良い製品との出会いありがとうございました。

薄い長財布が欲しくて購入。小銭入れも付いていますが、スーツの内ポケットに入れても気にならない薄さでちょうど良いです。

使用開始から2週間程度でまだ革が硬いため、使い込んで柔らかくなればもう少し薄くなると思います。

色は濃いネイビーで薄暗い場所では黒に近く見えます。2週間でロウが少し取れてツヤが強くなってきました。

細かい所まで丁寧につくられている印象。見た目、質感、使い心地とも満足しています。まだまだ新しい革なのでこれから変化が楽しみです。

まとめ

スーツスタイル時にスマートに財布を持ち歩きたいという方にとって、”アルフレートウォレット”は最適なアイテムかと。

ブライドルレザーの「重厚感」に加えて、スリムデザインの「スタイリッシユさ」も感じられるのが魅力に。

併せて読みたい「ブライドルレザー」関連記事

ブライドルレザーとは!?ブランド毎に異なる個性の革財布
【丈夫な革財布】お手入れ不要で末永く使えるブライドルレザー財布特集!