【評判・感想】オークバーク・ブリストル(ラウンドファスナー長財布)

その他レザー

ラウンドファスナー長財布

COCOMEISTER(ココマイスター)の”オークバーク・ブリストル(ラウンドファスナー長財布)”の感想と評判をご紹介。

オークバーク・ブリストル(ラウンドファスナー長財布)|COCOMEISTER

オークバーク・ブリストル

●ブランド:COCOMEISTER
●素材:オークバーク
●色彩:ブラックリーフ、チャコールウッド、ウッドバーン、オークネイビー、ワインバレル、イングリッシュオーク、オイルブラウン

オークバーク・ブリストルの感想

”オークバーク・ブリストル”を実際に手に取って、チェック。「革の目利き」の経験も活かしつつ、素直に感じた”思い・感想”を記してみたいと思います。

ブリストルの「デザイン」

オークバークラウンドファスナー長財布

●スタイル:ラウンドファスナーデザイン長財布
●マチ:ジャバラマチ

フォルムデザインとしては、ベーシックスタイルのラウンドファスナー長財布となります。全体的なサイズ感としても、ミドルクラスと呼べるもの。バランスの良いスタンダードなデザインです。

表革に、希少性の高い”オークバーク素材”を使用。内装にも、同じ”オークバーク素材”を中心として、部分的に使い勝手を向上させる目的で、”ヌメ革(ベジタブルタンニンレザー)”が活用されています。

”革風情”と”真鍮色の金物”との組み合わせも、デザインポイントとなっているものと感じています。

ブリストルの「機能性」

オークバーク長財布の機能性

●カードポケット:8か所
●札入れスペース:2か所
●フリーポケット:2か所
●小銭入れ:1か所

収納力(カードポケット:2か所、札入れスペース:2か所)は、ラウンドファスナーデザインの長財布として、スタンダードな機能を有しています。

メインに使用されている”オークバーグ素材”は、若干、硬さ感が特徴となっていることもあって、内装の一部には”ヌメ革(ベジタブルタンニンレザー)”が使用されています。

財布を広いた時に「マチ幅:11.5cm」となりますので、財布の中身が視認しやすいく、お札やカード類の出し入れもしやすい長財布と言えそうです。

ブリストルの「風合い(革風情)」

オークバーグ長財布の風情
  • 木目が美しいナチュラル感
  • 天然素材ならではの自然な風合い
  • ヴィンテージ感&重厚感
  • 市場にほとんど存在していない貴重なオークバーク素材

”オークバーク”は、英国に伝わる伝統的な革製法によって、創出される革素材です。その歴史は、なんと「紀元前」から刻まれていると言われているほど。”古の革素材”と言えそうです。

他の革素材には無い加工工程として、なめし加工をする過程にて、”オーク材(木材)”を使用するのが特徴となっています。”約1年もの年月”を費やすことで、革素材の完成に至るという代物。その結果、革の表面に「オーク材の木目」が写し取られることに。

革素材ながら、”木材”のような風情を感じさせてくれるのがオークバークならではの魅力となっています。

そんな、手間のかかる”オークバーク”は、絶滅が危惧される革素材と言われています。世界的に見ても、オークバーグを使用した革製品は、ほとんど存在していません。現在、日本の市場にて、見出せるのは、COCOMEISTERが創作するオークバーク・シリーズのみではないでしょうか。

そんな貴重な革素材”オーグバーク”にて仕立てたラウンドファスナー長財布「ブリストル」は、”木目の美しさ””天然素材ならではのナチュラル感”が魅力となっています。

手に取った時に革財布(ラウンドファスナー長財布)らしい重さ感(約190g)が感じられるのも、”ブリストル”の魅力と感じています。ただ、見た目の”重厚感”と比較した時、実際には、「軽く感じられた」と思う方もいるかもしれませんね。

また、オークバークは、染料などを使用することなく、「オーク材」によって、染められています。”草木染”のような革素材なんですね。

ゆえに、とても心地の良い香りがするのも、”オークバーグ”ならではの特徴と言えるのではないでしょうか。個人的には「癒しを感じる香り」といった印象を受けています。”フィトンチッドの香り”なのかもしれませんね。

オークバーク仕様のラウンドファスナー長財布「ブリストル」のお手入れに関して。

革財布のお手入れ
  • 通常のお手入れとしては、「ブラッシングによる汚れ落とし」のみでOK。
  • 長期間、使用しない(保管している)時は、状態を見て、専用クリームを使用。

オークバーク仕様のラウンドファスナー長財布「ブリストル」も普段は、それほど、特殊なお手入れを気に掛ける必要はないものと感じています。

日常的なお手入れとしては、「汚れの付着」が目立った時に、革財布専用のお手入れブラシ(山羊毛ブラシなど)で革財布表面の汚れを落とすだけで十分かと。

もともと、新品時から”ヴィンテージ感”が特徴となっていますからね。あまり”キズの付着”なども気にすることなく(実際に、私も使用していますが、キズの付着が目立ちにくく、ほとんど気になりません。)財布を使用しているほうが良いものと思っています。

ブリストルの評判(口コミ)

実際に、ブリストルを購入した方の口コミ・評判(購入に至った経緯など)をご紹介したいと思います。財布の購入判断のご参考にしていただければと思います。

10年ほど前に、こちらのお店でブライドルインペリアルウォレットのモスグリーンを購入しました。現在も使用していますが、年齢的にも少し落ち着いた色がほしくなり、このたび思い切ってオークバー九ブリストルのチャコールウッドを購入いたしました。

近くに店舗がないため、カラー選択はネットの画像での判断となり、少し不安に感じておりましたが、手元に届いた商品をみた瞬間に、不安も吹き飛びました。

何ともいえない深みのある色と手に持ったときの質感も良く大満足です。今後も大切に使用したいと思います。

オークバークブリストル ネイビーを購入させて頂きました。同じ商品でもロウの度合いで、全く異なった印象を受け購入時に大変迷いましたが、とても気に入り、日々変わっていく色の変化と革の香りを毎日楽しんでいます。

使用を重ねるごとに、より革の柔らかさが増しているようにも感じます。また縫製もしっかりしており、コバの仕上がりもとても綺麗で大変満足しています。

これからも日々変わりゆく変化を楽しみながら愛用させて頂きます。ありがとうございました。

主人の誕生日プレゼントに購入させて頂きましたが、今まで贈ったプレゼントの中で、こんなに喜んでくれたのは初めてでした。

革の香りと、日々の色の変化を、毎日楽しんでいるようで、見てる方が嬉しくなるほどです。

購入して1週間ですが、実際、日に日に色が変わっていくのを感じます。付着しているロウの度合いで、同じ商品でも印象が全く異なり、購入時に大変迷いましたが、自分の第一印象で選んで正解でした。

この商品を贈って、本当に良かったと思っています。どうもありがとうございました。

この財布ほど、一目惚れをしたものはない。当初はシェルコードバンを購入予定であったが、実店舗でこの商品のデザインを見た際に、こちらを購入しようと決意した。

写真だと若干しかわからないが、この製品はオークそのままの模様を再現しているため、同じ財布でも一つ一つのデザインが異なる。

また、表面だけでなく、ファスナーを開けた中のデザインも一つ一つ異なっている。ロウがそのまま残っているもの、いないもの。ロウのデザインも全く異なるため、店舗に行っての購入をオススメする。

初めての長財布タイプでしたがとても使いやすく、買い替えて良かったです。大きすぎてズボンのポケットに入れづらくならないか気になっていましたが、問題ないレベルでした。

二つ折りタイプに比べるとやはり容量が大きく、お札やカード等が使いやすくなりました。また二つ折りタイプだと中身がパンパンになって、革へのダメージが大きかったと思いますが、そういった心配はなさそうです。

デザイン的には、シンプルで飽きがこなさそうで、長く使えそうです。色味も落ち着いた紺色で気に入りました。

まとめ

”ブリストル”は革表面の模様が個々の財布ごとに異なっているのが特徴。微妙な違いではありますが、オリジナリティーを感じさせてくれるポイントとなっています。

併せて読みたい「オークバーク」関連記事

オークバークとは!COCOMEISTERオリジナルの革財布
【評判・感想】オークバーク・ウェスターリー|美しい木目の革財布