カルドミラージュコンパクトウォレットの特徴と魅力とは!?

コンパクト

カルドミラージュ・コンパクトウォレット

COCOMEISTER(ココマイスター)の【新作】カルドミラージュ財布シリーズの折財布「コンパクトウォレット」とは、どんな特徴・魅力を持っているのでしょうか。

実物を手に取り、五感(視覚、触覚、臭覚)にて感じた要素を中心にその特徴と魅力をご紹介したいと思います。

カルドミラージュ・コンパクトウォレット(二つ折り財布)

カルドミラージュ・コンパクトウォレット

●ブランド:COCOMEISTER
●デザイン:二つ折り財布
●素材:カルドミラージュ
●色彩:ハマダ、ラムル、サハラ

「カルドミラージュ」とは!?

「カルドミラージュ」とは!?

「カルドミラージュ」とは、イタリアのタナリー「G.B Leathers」が創出している”ミラージュレザー”をベースに創作されたCOCOMEISTERオリジナルレザーです。

カルドミラージュの特徴・詳細は下記記事にて記していますので、ご参照いただければと思います。

カルドミラージュとは!?

カルドミラージュ・コンパクトウォレットの特徴と魅力

カルドミラージュ・コンパクトウォレット

●重さ:約100g
●サイズ:縦8.6cm×横11.1cm×厚み2.1cm

カルドミラージュ・コンパクトウォレットは、上記写真を見ていただければわかるように、財布の三方向がファスナーにて開閉できる「ラウンドファスナーデザイン」の折財布となっています。

このフォルムデザインによる機能性として下記2つの要素があげられます。

*通常の二つ折り財布の場合、財布を床に落とした時、その勢いで”小銭”などが散乱してしまう場合がありますが、ファスナーデザインを採用することで、その心配がありません。(高い保持力)

*一般的な二つ折り財布にて、小銭やカード類などを沢山収納してしまうことで財布が膨れて型崩れを生じることがあります。

コンパクトウォレットではファスナーデザインとなっていますので、許容量以上を収納してしまうことはなく、財布の膨れを防止。型崩れが生じにくい財布となっています。

コンパンクトウォレットの収納力

財布の機能性

●札入れ:1か所
●小銭入れ:ボックスデザイン×1か所
●フリーポケット(マチ付き):1か所
●フリーポケット:2か所
●カードポケット:2か所

次にコンパクトウォレットの「収納力」を確認してみたいと思います。

財布の名前となっているように、「収納機能」がコンパクトに収まっているのが特徴です。

一見「カードポケットが2か所」というのは少ないと感じる人もいるかもしれませんが、実生活の中で異なるカードを何枚も使用するケースは、あまりありませんよね。

・クレジットカードorプリべード式カード
・キャッシュカード(銀行)

があれば十分という方も少なくないかと。上記に「交通系カード(suicaなど)」を加えたい場合は

カードポケット

上記写真にある財布背面のフリーポケットに収納するといいかとと思います。ファスナーを開閉することなく、カードを出し入れできますから。

カード類をもっと財布に入れておきたいという方もご安心を。マチ付きフリーポケットが一か所あって、そこに普段はあまり使わないけど持っていたい「キャッシュカード」「ポイントカード」などを収納することが可能です。

ポックス小銭入れの使い方

コンパクトウォレットでは「ボックスデザインの小銭入れスペース」が採用されています。

ただ、キャッシュレス志向の方であれば、あまり小銭を財布に入れておきたくないと考える方も少なくないかと思います。

小銭を入れない場合はボックスコインスペースを「錠剤(薬・サプリメント)」を入れるスペースとして利用するのもいいかと思います。

ボックスデザインだと、中を見渡すことができますので、錠剤をしっかり見定めて取り出すことができます。頭痛薬などを念のために持っておきたいといった場合などに役立ちます。

3種類の色彩ラインナップ

サハラ

●色彩:サハラ

ラムル

●色彩:ラムル

ハマダ

●色彩:ハマダ

コンパクトウォレットには、上記に示した3種類の色彩ラインナップ(サハラ、ラムル、ハマダ)があります。

名称はCOCOMEISTERにて独自に名付けたもので、色の一般名称ではありません。

いずれも、”カルドミラージ財布シリーズ”のコンセプトとなっている「砂漠」のイメージを踏襲した色彩&風合いとなっています。

思いのほか「柔らかな」使い心地

「柔らかな」使い心地

見た目の重厚感・ハードな風合いの印象があって、当初は「硬さのあるしっかりとした財布」をイメージしていました。

ただ、実際に財布を開いてみると、各パーツや外装革が思っていたほど硬さを感じることは無く、”しなやかさ”があることがわかります。

カルドミラージュは、オイルレザーの中でも、多くの天然オイルを革繊維内に浸透させて作られる「プルアップレザー」。

革繊維内にたっぷりとオイルが含まれていますので、新品時から革のしなやかさがあるのです。

新品時から、使い心地の良さ(硬さが少ない)が感じられる二つ折り財布と言えます。

カルドミラージュ・コンパクトウォレットの評価・感想

実際に、カルドミラージュ・コンパクトウォレットを購入した方の評価・感想をピックアップしてみました。ご参考にしていただければと思います。

日々ガツガツと使える小さめのサイズの財布を探していてこのカルトミラージュシリーズのコンパクトウォレットに出会いました!

色はハマダのカラーを選びましたが、日々肌身離さず使っていくうちになんとも言えぬ味のある光沢のある表情に仕上がってきました!

これからも使い込んでいき、より砂漠の蜃気楼をイメージした革を楽しんでいきます。

長財布とL字コインケースの2つ持ちでしたが、鞄を持ち歩かないことからL字コインケースばかり使っていました。

しかし、メインの財布として使うには収納や使い勝手はやや足りませんでした。その不満を全て解決してくれたのがこの財布でした。

収納バッチリで、小銭の出し入れもとてもしやすいです。他にもいろいろありますが、何より嬉しいのはガシガシ使ってもヘコたれない革を使っているというところです。

流石に尻ポケットに入れたまま椅子に座るというような使い方はしませんが、ポケットに入れて手ぶらで出掛けるという私の用途にぴったりな財布であることです。

経年変化の要素

購入者の感想にもありましたが、カルドミラージュ・コンパクトウォレットは「経年変化」も楽しめる折り財布となりそうです。

プルアップレザーの特徴を加味すると下記2つの経年変化要素が魅力となるものと考えます。

*革繊維内に含まれた天然オイルによる「艶感」の増加
*プルアップレザーならではの、革繊維内での染料の移動(色景色の変化)

コンパクトウォレットのお手入れ

天然オイルをたっぷりと革繊維内に含んだ”カルドミラージュ”は「水付着時」に繊維内への水の浸透(水しみ)のしにくさのある革です。

また、革表面にキズ・汚れが付着したとしても、もともと”ワイルド”で”クラシカル”な風合いを有していますので、キズや汚れが目立たず、あまり気にならないという特徴があります。

ゆえに、基本的に日々の特別なお手入れは不要の革財布に。通常クリームなどの塗布は必要ありません。

・水が付着したときに、水を拭き取る

ことを意識しておけば、それで十分。手間のかからない二つ折り財布となります。

まとめ

カルドミラージュ・コンパクトウォレットは、ラウンドファスナー長財布の「保持力」は欲しいけれど、基本的にキャッシュレス決済が中心だから、長財布はいらない。

でも、ラウンドファスナーコインパースだけでは、機能的・見栄え的に物足りないといった方に最適な折り財布となりそうです。

併せて読みたい「コンパクト財布」関連記事

本革仕立てのコンパクト財布【20選】!多彩なデザイン&機能の魅力