ココマイスター(COCOMEISTER)の薄い財布【BEST3】

ココマイスター

革財布の内装

ココマイスター(COCOMEISTER)では、特性・風情の異なる多彩な革ラインナップが揃っています。

そんなココマイの財布にて、スーツスタイルに適した”スリムデザイン”で仕立てられたアイテム【BEST3】をご紹介いたします。

ココマイスター財布!スリムデザイン(薄い)

スリムデザインの財布

スリムデザインとする上で、重要なポイントとなるのが

  • 小銭入れポケットの有無
  • マチデザイン
  • 革種類

です。

薄いフォルムとするために、「小銭入れポケットは無し(札入れタイプ)」が望ましく、マチデザインも「マチ無し」が最も適した要素となります。

また、革の種類としても、厚みを必要とする革よりも、薄く仕上げることが可能な革の方が、薄い財布に仕上げやすいことに。

単純に「財布の薄さ」で言えば

●小銭入れポケット無し(札入れタイプ)のマチ無しデザイン長財布

が最もスリムな財布となります。

COCOMEISTERおすすめの薄い財布(スリムデザイン)【BEST3】

COCOMEISTERの財布の中で”スリムさ”を重視して創作された、薄い財布(スリムデザイン長財布)【BEST3】をご紹介したいと思います。

スリムな財布を求めている方の中にも、好み・嗜好(使い方イメージなど)に違いがあるもの。

そういう意味で、ここでは、単に”薄い”というだけでなく、特徴の異なる3アイテムを厳選することといたしました。

NO.1:マットーネ・サンクロセラ(札入れタイプ)

●革ブランド:ココマイスター(COCOMEISTER)
●革素材:マットーネ
●色彩:オールドブラック、ブランデー、ビターチョコ、オリーブ、ブルーハワイ、ロゼワイン
●価格:¥24,000円(税込)
マットーネ・サンクロセラ

マットーネ・サンクロセラは、マットーネ(イタリアオイルカーフ)を使用して、仕立てられた”札入れタイプ(マチ無し)”の長財布です。

COCOMEISTER財布シリーズの中で最も”スリム”な長財布となります。

サンクロセラ

一般的な「マチ無し札入れデザイン」の場合、お札の出し入れがやや困難となりやすいのですが、こちらの”サンクロセラ”は、札入れポケットのデザインに工夫が。

●L字ポケットデザイン

を採用することにより、マチ無しのデメリットを解消。お札の出し入れがスムーズに行えるようになっています。

スリムなフォルムの中でも、”お札の分別収納”ができるようにと札入れポケットが2か所となっているのも、嬉しい機能性となるものと感じています。

NO.2:コードバンクラシック・ソードダンサー

ソードダンサー

●革ブランド:ココマイスター(COCOMEISTER)
●革素材:ロウ引きコードバン
●色彩:クラシックブラック、クラシックボルドー
●価格:¥64,200円(税込)
コードバンクラシック・ソードダンサー

”コードバンクラシック・ソードダンサー”はも蝋引きコードバンを使用して仕立てられた「小銭ポケット付きのV字マチデザイン長財布」です。

マチデザインとしては、”マチ無し”に次いで、スリムさが確保できるのが”V字マチデザイン(ササマチ)”です。

”小銭入れポケット付き”とする上では、マチは必須となりますので、V字マチデザインにて創作された長財布が、小銭入れポケット付きとしては、最も薄い財布となります。

CORDOVAN(コードバン)素材は、削りと磨きによって、革をスリム化することが可能。強度を保ちつつ、適切な範囲でスリムなフォルムに仕上げられた長財布となっています。

高級感のあるスリムデザイン長財布を求めている方へおすすめのアイテムに。

NO.3:ブライドル・アルフレードウォレット

ブライドルレザー・アルフレートウォレット

●革ブランド:ココマイスター(COCOMEISTER)
●革素材:ブライドルレザー
●色彩:ブラック、ロイヤルブラウン、モスグリーン、ダークネイビー、ヘーゼル、ロンドンキャメル、スイスレッド
●価格:¥31,500円(税込)
ブライドル・アルフレードウォレット

”ブライドル・アルフレードウォレット”は英国伝統的な革素材「ブライドルレザー」にて仕立てられたV字マチデザイン長財布です。

ブライドルレザーは他の革と比較して、少々厚みがありますが、その分高い強度と耐久性を有しているのが特徴。

長持ちする丈夫なスリム長財布を求めている方に最適なアイテムとなりそうです。

先にご紹介した「ソードダンサー」と同じく”蝋引き加工”によって仕上げられているため、弱撥水性を有しています。

雨の付着に対する強さ(水しみになりにくい)を有していることも、長く愛用していけるポイント(機能性)となっています。

スリムな長財布を使用する上で心がけておきたいポイント(使い方)

”スリムであること”を重要視しているからこそ、「スリムデザイン長財布」を選ぶわけですからね。

”使い方”としても、心がけておきたい2つの注意点があります。

それが・・・。

●レシートなどを財布の中に溜めておかないこと。
●”小銭入れポケット”があっても、原則、小銭を入れないこと。

です。

”レシート”など、なるべく毎晩帰宅した時に、財布から取り出すようにしておきましょう。

レシートなどを財布の中に溜めこんでしまって、財布がパンパンに膨れてしまっている方を見かけることがありますが・・そんな使い方をしていては、なんのために”薄い財布”を選んだのか、意味が無くなってしまいます。

同様に、”小銭”も財布を膨らませてしまう大きな要因のひとつ。

特に、スリムデザイン長財布にて、小銭を入れ続けてしまうと、「財布の型崩れ」を引き起こしてしまいます。

せっかくのスリムデザインなのですから、小銭も帰宅した時に、財布の中から取り出しておくか・・もしくは、別途「小銭入れ」を使うようにしましょう。

併せて読みたい「薄い財布」関連記事

  1. 薄いビジネス財布!「牛革・ヌメ革仕様の長財布(メンズ)」特集

COCOMEISTERの関連記事

  1. ココマイスター(COCOMEISTER)とは?!
  2. ココマイスター※長財布※年代別ランキング!革風情を評価