CORDOVAN財布の魅力とは?!「自然な光沢」「エイジング」「希少性」

コードバン

コードバン財布の魅力とは?!

大人の男性の男心を擽る”CORDOVAN財布”の魅力!

”ステータス”を感じさせてくれるアイテムは世の中に沢山存在しているものですが、”コードバン財布”におけるステータス(価値観)は、「富の象徴」という感じではないんですよね。

一般的に、「ステータスの高いアイテム」というのは、「富の象徴」といった要素とも、繋がりやすいのですが、コードバン財布に感じるステータスは、「大人の男性の男心」を満たしてくれるもの・・・そんな印象を持っています。

  1. コードバン財布GALLERY!財布アイテム一覧

コードバン仕様のメンズ財布はあっても、レディース財布はほとんど存在していません。

コードバン仕様のレディース財布

実際、不思議なことに、「コードバン仕様のメンズ財布」は多々存在しているのですが、「コードバン仕様のレディース財布」と言えるアイテムには、ほとんどお目にかかったことがありません。

コードバン財布は、CORDOVAN素材の個性・特徴を活かすために、フォルムデザインとしては、大半がシンプル&ベーシックスタイルとなっています。

ゆえに、「コードバン仕様のラウンドファスナーデザイン長財布」は、ユニセックスなアイテムともなりますので、女性が使用している可能性は十分考えられそうです。(考えられそうです・・と記したのも、実際に女性が使用している姿は見かけたことがないからです。)

でも、レディース財布(完全に女性向けのデザイン)と言える、フォルムデザインのコードバン財布は、一般市場には、ほぼ存在していないものと思っています。ただ、これからは、新しいコードバン財布が誕生してくるのではないでしょうかね。

実際、私が出逢ったことがあるのは、こちらの「水染めコードバン仕様かぶせデザイン長財布(ホック式・上記写真)C15195」くらいです。女性用のコードバン長財布として、とても美しいフォルムと気品を有している・・そんな印象を持っています。

こんな状況となっているのも、”CORDOVAN財布”が「大人の男心を満たしてくれるステータスを有するアイテム」だからだと思っています。

コードバン財布の魅力その1:水染めコードバンの美しい光沢感。

CORDOVAN素材

コードバン財布に関する一般的な印象&魅力として、まず取り上げておかなければいけないのが「自然で美しい光沢感」です。これは、”水染めCORDOVAN仕様の財布(別名 アニリン染めコードバン財布とも呼ばれます。)”を対象とした、魅力要素となります。

「何かをコーティングしたり」「光沢仕上げ」などによるものではなく、あくまでも、革素材を磨き上げることによって、創出される自然な艶感なんですね。

革素材自体が発する艶感としては、水染めCORDOVANが最も美しく、輝かしい艶感を有しているものと言われています。

「美しい輝き」。おすすめの水染めコードバン財布。

輝かしい”光沢感”を有している、水染めコードバン財布から、「艶感」の魅力に富んだアイテムを厳選してみました。CORDOVANならではの、自然な”艶”を楽しんでいだたければと思います。

  1. NO.1:ハイフライヤー|水染めコードバン仕様の長財布
  2. NO.2:ラスティング二つ折り財布|水染めコードバン仕様の革財布
  3. NO.3:CPRIS「105611」|新コードバンの二つ折り財布

コードバン財布の魅力その2:経年変化の美しさ(エイジング)

ナチュラルコードバン財布のエイジング

もうひとつ、コードバン財布の代表的なイメージ&魅力となっているのが「経年変化の美しさ(エイジング)」です。

中でも、”染料を使用しない”ことで作られている「ナチュラルコードバン」が最も美しい経年変化を見せてくれます。

新品時は、「明るい肌色(スキンカラー)」で、あまり艶感も感じさせない素朴な風情を有しているのですが、使用している内に、徐々に艶感が創出。「飴色と表現される美しい光沢感を有した深みのある色」へと変化していくのです。

”飴色”へと変化していくのは、ナチュラルコードバン財布のみ。他のコードバン財布は、光沢感が増していくとともに、レドロなエイジングを見せてくれます。経年変化の美しさを楽しむのであれば、ナチュラルコードバン財布ですね。

「経年変化の美しさ(エイジング)」。エイジングの風情が魅力のコードバン財布。

「経年変化の美しさ(エイジング)」の魅力は、「ナチュラルコードバン」だけではなく、「オイルコードバン」にも、存在しています。「ナチュラルコードバン」とはまた、風合いの異なる”アンティーク”な風情が増していくのが「オイルコードバン」ならではのエイジング。

ここでは、「経年変化の美しさ(エイジング)」の魅力に長けた、おすすめのコードバン財布を厳選してみました。

  1. NO.1:CYPRIS|オイルシェルコードバン・ナチュラルコレクション「折財布(5910)」
  2. NO.2:染色ナチュラルコードバン仕様のラウンドファスナー長財布「MWR01ML」
  3. NO.3:スタンフォード|シェルコードバン長財布

コードバン素材の種類。異なる風情のコードバン財布。

少し話が前後してしまいましたが、CORDOVAN素材には、風情も特性も異なるいくつかの種類が存在しています。現在、日本にて、コードバン財布として存在している代表的なCORDOVANとなっているのが下記です。

  • 水染めコードバン(アニリン染めコードバン)
  • オイルコードバン(シェルコードバンなど)
  • ナチュラルコードバン
  • 蝋引きコードバン

上記に対して、さらなる加工を加えることによって、作られているCORDOVAN素材に下記があります。(CORDOVAN素材の亜種といった位置づけとなりますでしょうか。)

  • 手染めコードバン(グラデーション染めコードバン)
  • エンボス加工コードバン(シェルコードバン+型押し加工)

それぞのCORDOVAN素材の風情・魅力の違いなどは、こちらのコードバン財布カテゴリー内の各商品記事をご参照いただければと思います。

コードバン財布(CORDOVAN)!おすすめアイテム。

現在、コードバン財布の主流となっているのが「水染めコードバン財布」と「オイルコードバン財布」です。”コードバン財布らしさ”を楽しみたい方は、水染めコードバン財布がおすすめに。”財布としての使いやすさ”を重視するのであれば、オイルコードバン財布がおすすめとなります。

古くは「ナチュラルコードバン財布」が主流の一角を担っていたものですが、ナチュラルコードバンの”ワイルドさ”が他の革素材財布に人気が取って代わられたように感じています。

そこで、ここでは、上質な水染めコードバン&オイルコードバンを使用して、日本の匠革職人が仕立てた本物志向のコードバン財布(ラウンドファスナー長財布、フラップデザイン長財布、二つ折り財布)をフォルムデザイン毎におすすめ一品を厳選いたしました。

詳細は、それぞれ各コードバン財布の個別記事をご参照いただければと思います。

日本製コードバン財布の魅力。隠れた部分にまで行き渡る細やかな心配り。

日本製の革財布作り。

コードバン財布に限らず、革財布全般に共通した要素となりますが、”日本製の革財布ならではの魅力”が存在しています。それが・・・。

  • 見えない部分にまで、行き渡っている細やかな心配り。

なんですよね。

縫製手法に関して、「ミシン縫い」「手縫い」のいずれであったとしても、そこには、それぞれの革職人さんの”こだわり”が感じられるもの。”洗練さ”を活かしているのか、それとも”丈夫さ”を重視しているのか・・

単に、”財布を形作る”というだけでなく、「こだわり」と「配慮」が様々な細部(ディテール)の仕事に表れている(込められている)のです。それが、日本製のコードバン財布ならではの魅力ともなっているんですよね。

そんな細やかな配慮・こだわりが積み重なることが、必然的に「財布としての機能性(使いやすさ)」「丈夫さ(末永く活用できる)」などに繋がっています。

コードバン財布のお手入れポイント!

コードバン専用クリーム

革財布は、革素材それぞれの特徴に応じて、お手入れ方法が異なってきます。特殊な革特性を有している革財布ほど、きちんと、革特性に適した対応が必要となるもの。

コードバン財布も”CORDOVAN素材”の特性に応じた、お手入れが必要となります。

コードバン財布の汚れ落としは、専用ブラシによるブラッシングで。

コードバン財布の革表面に汚れが付着したときには、早めに汚れ落としをしておきたいもの。汚れが付着したままだと、コードバン革繊維を痛めてしまい、”革繊維の毛羽立ち”を生じさせやすくなったりしますからね。

そんなコードバン財布の汚れ落としに最適なのは、革財布専用のブラシを使用すること。中でも、山羊毛のブラシが個人的に、コードバン財布に適しているアイテムとなるものと考えています。

コードバン財布が他の革財布と最も大きく異なっているのが「革繊維の構造」です。一般的な革素材は、「銀面+床面」の二層構造で構成されています。対して、CORDOVAN素材は、「コードバン層」と呼ばれる一層構造となっています。

この”コードバン層”は、革繊維の密度が高く、同じ方向に皮繊維が揃っているという特徴を有しています。CORDOVAN素材が高い耐久性を有しているのは、この特殊な革構造によるものなんですね。

”汚れ落とし”をする上で、気を付けておきたいポイントとなるのが「革繊維方向の存在」です。コードバン財布表面の汚れを効果的に取り除くためには、革繊維方向に沿ってブラッシングを行うのが効果的なのです。

コードバン財布の艶感が失われてきた時には、CORDOVAN専用のお手入れクリームを活用。

革財布のお手入れというと、頻繁に革用クリームを塗布している方もいるようですが・・・。コードバン財布において、それは、あまりおすすめ出来ません。

基本的として、革財布にあまの余分な皮脂や成分を付加することは、革素材本来の特性・魅力を軽減させてしまうことに繋がりかねないからなんですね。

水しみを防ぐためにと”防水スプレー”の使用が推奨されていたりしますが、私は、防水スプレーの使用も出来れば、避けた方が良いものと考えています。

実際、防水スプレーやクリームなどを塗布したことによって、逆に「シミ」が生じてしまったり「艶」が失われてしまったりすることがあるもの。

コードバン財布は、日々使用していれば、適度に皮脂が付加され、革の乾燥は防げるものです。「水が着したらすぐに拭き取る」「汚れが付いたら、早めに汚れを落とす」このことを意識しておけば、十分だと思っています。

ただ、コードバン財布は使用していくうちに、徐々に革表面の毛羽立ちが生じて来るもの。革繊維が切れて、毛羽立ちを起こすのもコードバン素材ならではの特性です。

革繊維の毛羽立ちが目立つようになるとコードバン特有の”艶感”も失われることに。こんな状態となってきた時には、コードバン専用のお手入れクリームを活用するようにしていただければと思います。

一般的な革のお手入れクリームでは、ダメですよ。厳格に言うと、”水染めコードバン”と”オイルコードバン”では、それぞれ適したお手入れクリームが存在しています。

まあ、そこまでのこだわりは、必要ないとしても、コードバン専用に開発されたお手入れクリームを活用することは必須要素。こちらの、コロニル・コードバン専用クリームなどがおすすめです。

専用クリームを使用することで、毛羽立ちを補修するんですね。それによって、艶感も再生することが可能となります。

  1. NEXT:シェルコードバン財布特集!

その他、CORDOVANの財布はこちらのコードバン(CORDOVAN)財布LIST!をご参照ください。

「コードバン革財布」関連情報

  1. コードバン財布LIST!本物志向のCORDOVAN WALLET
  2. ※最新情報※おすすめコードバン長財布ランキング!薄いメンズ財布
  3. シェルコードバン財布特集!本物のHORWEEN社製革仕様
  4. コードバン「名刺入れ」は寿命が長い。その理由は?!
  5. スーツに似合う「コードバン仕様」の薄い長財布&二つ折り財布特集!
  6. CIMABUE「C15193」|水染めコードバン二つ折り財布
  7. CIMABUE graceful「C15194」|水染めコードバンラウンドファスナー長財布
  8. アーチデューク|シェルコードバン仕様のラウンドファスナー長財布
  9. ジョンブル|シェルコードバン仕様の二つ折り財布
  10. ハイフライヤー|水染めコードバン仕様の長財布
  11. ラスティング二つ折り財布|水染めコードバン仕様の革財布
  12. ※ウィスキー色※シェルコードバン長財布!40代・50代男性へ