※メンズ財布※40代男性におすすめの革財布ブランドとは!?

日本革ブランド・革工房

40代男性におすすめの革財布ブランド

40代男性にとって、財布やカバンは印象を大きく左右する重要な要素となるものです。

どんな革財布がいいのか?
年齢相応の魅力を高めてくれる財布(メンズ)を知りたい。

ここでは、そんな要望を満たしてくれる40代男性におすすめの「革財布ブランド」を厳選してご紹介いたします。

財布選びのご参考にしていただければ幸いです。

40代男性におすすめの革財布ブランド(メンズ)とは!?

40代男性におすすめの革財布ブランド(メンズ)

40代男性にとって、ファッション(服装)以上に印象を左右する要素となるのが「財布」「カバン」「靴」といったアイテムです。

女性からの視線はもちろんのこと、同じ男性からも”人のレベル”の判断材料となるものです。必然的に

  • 人間関係(友人、同僚)
  • 仕事関係(得意先、顧客)

にも、影響を与えていることは意識しておきたいポイントです。

40代にもなって、「ナイロン製のマジックテープ付きの折財布」を使用しているようなら、他人から”マイナスなイメージ”を持たれている可能性が・・それは、とっても損なことですよね。

上質な”革仕様”の財布を選ぶこと。

40代男性にとって、年齢相応の魅力を活かすのであれば、「上質な革仕様の財布」を選ぶことがポイントとなります。

”革素材”には、特性・風情の異なる様々な革が存在していますので、自分に適した個性は「革種類」「財布のデザイン」にて表現することができます

貴方が財布に求めている価値観は何!?「多機能性」「スマートさ」「ブランド力」

”上質な革仕様であること”を押さえておけば、イメージを損なう心配はないもの。あとは、貴方好みの財布をしっかりと具現化できれば、財布選びに失敗することはありません。

そのためのポイントとなるのは、現在、あなたが財布に求めている価値観は何かということ。

  • 多機能性(収納力)
  • スマートさ(スリムデザイン、コンパクト)
  • ブランド力

具体的には上記3要素のいずれを重視したいのかを見極めていただければと思います。

財布ブランド・革工房には、それぞれ個性があるもの。同じ革財布を作っていたとしても、得意な分野が異なっているものです。

40代男性におすすめの革財布ブランドを「多機能性(収納力)」「スマートさ(デザイン)」「ブランド力」別に厳選・ご紹介したいと思います。

40代男性におすすめ!「多機能性(収納力)」のある財布を創作している革財布ブランド。

多機能性(収納力)

近年、「スマホの普及」「電子決済の多様化」などを背景として、財布に求められる要素も多様化してきています。

そんなひとつの要素が「多機能性」です。

”お札””カード類”だけでなく、”スマホ””パスホート””各種証明書”などを収納することが出来る大型のラウンドファスナー長財布が登場。

セカンドバック的な使い方ができる長財布なども作られて来ています。

上質な本革素材をベースとした、多機能なラウンドファスナー長財布を創作している革ブランドをピックアップいたしました。

1.ココマイスター(COCOMEISTER)

上質な欧州皮革を使用、日本の匠革職人の技術を活かした革財布作りにて、現在最も勢いのある日本革ブランドへと成長したのが”ココマイスター(COCOMEISTER)”です。

ココマイスター(COCOMEISTER)とは!?

ココマイスターでは、スマホの普及に対して、いち早くスマホが収納できるラージサイズのラウンドファスナー長財布が創作されています。

2.peppercorn(ペッペルコルム)

peppercorn(ペッペルコルム)は、まだブランドとしての知名度は高くはありませんが、もともと大手ブランドのOEM生産などを多数手がけてきた老舗革工房「VERT POINT」が初めて手掛けたプライベートブランドです。

”peppercorn”とは、イタリア語で「黒コショウ」を意味する言葉。

そこには、スパイスのようなビリリとクセのある独特の”こだわり”がコンセプトとして含まれているんですよね。

実際、peppercorn(ペッペルコルム)の財布アイテムは個性的な印象を与えてくれます。”こだわり”を大切にしたい40代男性にとって魅力溢れる革財布となるものと感じています。

40代男性におすすめ!「スマートさ」が魅力の財布を創作している革財布ブランド。

スリムデザイン革財布

40代男性にとって、財布のデザイン性にて魅力的な要素となるのが「スマートさ」ではないでしょうか。

  • スリムデザイン
  • スタイリッシュ
  • コンパクトデザイン
  • センシティヴなデザイン(繊細さ)
  • シャープさ

といった要素が”スマートさ”を印象付けてくれるデザインポイントとなっています。

基本的に革財布ブランドの大半で”スリムデザインの長財布”は取り扱っているもの。ここでは、「スタイリッシュ」「コンパクト」なデザインを有した革財布を手掛けている革ブランドを厳選してみたいと思います。

1.YUHAKU(ユハク)

YUHAKU(ユハク)は、特殊な”革の出染め技法”を極めた革職人が自ら立ち上げた革財布ブランドです。

YUHAKU(ユハク)とは!?

まるで日本画のような美しいグラデーションのある色景色(グラデーション染め)の手染め革を使用したオリジナリティー溢れる革財布が特徴&魅力となっています。

そんなYUHAKUでは、固定観念に捉われない、”デザイン性”を有した財布アイテム(スタイリッシュ、コンパクト)が創作されています

2.FESON(フェソン)

FESON(フェソン)は、熟練の革職人(日本)技術を活かした革小物づくりが魅力の革財布ブランドです。

丁寧に仕立てたディテールの美しさとデザイン性が特徴に。

もともと、有名革財布ブランドの商品制作を請け負っていた革工房が自ら立ち上げたプライベートブランド。最高級なクオリティーは折り紙付きです。

40代男性におすすめ!「ブランド力」の高い革財布ブランド。

人気の革財布ブランド

日本において、”総合ファッションブランド”と言えば、やはり人気の中心は海外ファッションブランドとなっています。

「財布(メンズ)」においても、海外ブランド(グッチ、 エッティンガー、ダンヒル、 ホワイトハウスコックス、ルイ・ヴィトンなど)の方が知名度が高いのですが・・・。

「革財布(メンズ)」に関しては、断然、日本革ブランドの評価が上位を占めています。

有名海外ブランドの革財布は、アジア(中国など)にて縫製しているアイテムが多く、仕立ての品質に劣る傾向があるからなんですね。

近年では、世界的な評価を増している日本革ブランドが増えて来ています。「仕立て技術」だけでなく、「個性的な革染色技術」「財布のデザイン力」「日本文化を感じさせる素材・柄」などが評価ポイントとなっています。

1.ココマイスター(COCOMEISTER)

ココマイスター銀座店
*ココマイスター銀座一丁目店

近年、”革財布”の日本市場にて最上位のブランド力を育んでいるのが「ココマイスター(COCOMEISTER)」です。(ファッションブランドではなく、あくまでも革財布ブランドにて。)

2018年秋に「イギリス公爵への贈呈品」として、ココマイスターの財布が選ばれるという画期的な出来事がありました。

ココマイスターが世界的な革財布ブランドとしての歩み始めとなったものと感じています。今後は日本のみならず、海外での評価もさらに高まっていくのではないでしょうか。

ただ、ココマイスター財布の魅力は、「ブランド力」「デザイン性」ではなく、「革素材の風情を活かしたスタンダードデザイン」「ベーシックデザインならではの信頼感」にあるものと感じています。

ココマイスターはハイエンドブランドを目指しているようですが、個人的にはいつまでも安定感のある”本物志向の革財布”づくりを継続してもらえればと期待しています。

・TVドラマ・映画などでの撮影用アイテムとして、ココマイスターの財布が使用されています。

・各種ファッション雑誌へ取り上げられる機会が増えています。

ココマイスター関連記事

  1. ココマイスター【評判】チェック※財布・小銭入れ・名刺入れ・鞄※
  2. ココマイスター長財布【評判】を検証!
  3. ココマイスター※長財布※年代別ランキング!