【評判・感想】マイスターコードバン・ハイフライヤー(長財布)

コードバン

水染めコードバン長財布

COCOMEISTER(ココマイスター)の”マイスターコードバン・ハイフライヤー(長財布)”の感想と評判をご紹介。

マイスターコードバン・ハイフライヤー|COCOMEISTER

マイスターコードバン・ハイフライヤー

●ブランド:COCOMEISTER
●素材:水染めコードバン
●色彩:ブラック、ボルドーワイン

ハイフライヤーの感想

”ハイフライヤー”を実際に手に取って、チェック。「革の目利き」の経験も活かしつつ、素直に感じた”思い・感想”を記してみたいと思います。

ハイフライヤーの「デザイン」

ハイフライヤーのデザイン性

●スタイル:プラップデザイン長財布
●マチ:ササマチ

”水染めコードバン”の魅力を最大限に生かすためには、「形がシンプルであること」を重視。”スマートさ””スリムさ”を有したスタンダードなフォルムデザインとなっています。

”スリムさ”を創出するために「ササマチ」を活用。

スーツ内ポケットにスムーズな出し入れが可能なスマートフォルム。ビジネスシーンに最適な長財布と感じています。

実際にスーツ内ポケットに入れてみると、とてもスムーズな出し入れができます。ポケットの中にすっきりと納まってくれるのは、ハイフライヤーのフォルムデザインの特徴に。

小銭(コイン)を少し多めに入れてしまうと、財布が膨らんだ感じとなりましたので、やはりコインは少な目にしておいた方が良いかと。(財布の型崩れの要因ともなるので)

ハイフライヤーの「機能性」

ハイフライヤーの機能性

●カードポケット:15か所
●札入れ:1か所
●フリーポケット:3か所
●小銭入れ:1か所

「カードポケット」に関しては、一般的な”ラウンドファスナーデザインの長財布”よりも、倍近い「15か所」を配置。カード類を多用する男性にとって、嬉しい機能性(収納力)を有しています。

「札入れスペース」こそ、”1か所”ですが、自由な用途に使える「フリーポケット」が”3か所”もありますので、フラップデザイン長財布として、「ハイフライヤー」は高い収納力を有しているアイテムと言えます。

多彩なカードポケット

全てのカードポケット(15か所)が、財布を開いたときに見えるのも、とても機能的なポイントですよね。

必要としている”カード”をすぐに見つけることが可能となりますので。

普段、どちらかというと「キャッシュ(現金)」よりも「電子決済(ICカード、クレジットカード、プリペイドカード、デビットカードなど)」の利用を中心としている男性におすすめのコードバン長財布となります。

ハイフライヤーの「風合い(革風情)」

ハイフライヤーの風合いと特性

”水染めコードバン財布”と言うと、一般的には内装に「ヌメ革」が使用されているものです。

しかし、こちらの「ハイフライヤー」では、さらなる上質さを求めているのでしょうね。内装は人気のイタリアンオイルレザー(ミネルバボックス)を使用して、仕立てられています。

  • 最上級の高級感

を感じさせてくれる長財布となっています。まさに、ハイエンド仕様といった風情ですね。

”風合い”だてけけはなく、内装の強度及び汚れにくさもUP。機能的にも内装のミネルバボックスの特徴が活かされています。

マイスターコードバンの革風情

水染めコードバンの風合い

「ハイフライヤー」に使用連れている水染めコードバンは、最高品質と言えるCORDOVAN。水染めCORDOVANならではの”美しい艶感”が際立っています。

また、同時に「しっとり感」といいますか、「落ち着いた雰囲気」も感じさせてくれるんですよね。「光沢感」が目立つ水染めコードバン財布が多いのですが、ハイフライヤーは、「品格」も感じられるのが特徴と言えそうです。

ハイフライヤーの内装「ミネルバボックス」の特徴。

ミルバボックスの革風情

内装の「ミネルバボックス」もとてもいい風合いを感じさせてくれています。

「ヌメ革」と比較すると、明らかに”高級感””上質さ”が上回って感じられるのがポイント。

また、機能的には、「ヌメ革」の場合は、どうしても使用していく過程にて、「汚れが付着しやすい」のですが、「ミネルバボックス」の場合は、比較にて、「汚れが付きにくく」しかも「汚れが目立たない」という特性があります。

もちろん使い方にもよりますが、長財布は、案外「内装」が早々に痛んでくることがあるんですよね。

そういう意味で、内装に”ミネルバボックス”を使用した「ハイフライヤー」は、末永く愛用していくことができる長財布となるものと感じています。

ハイフライヤーの評判(口コミ)

実際に、ハイフライヤーを購入した方の口コミ・評判(購入に至った経緯など)をご紹介したいと思います。財布の購入判断のご参考にしていただければと思います。

ネットで見ていてコードバンの長財布が欲しいと思っていましたが、なかなか再販されないの中、こちらの商品が出たので購入しました。今まで使っていた長財布より少し大きいですが、流石のツヤ感で満足しています。

使い初めでまだ固いですが、だんだんなじんでくるでしょう。奇麗過ぎて使って傷をつけるのが怖いくらいですが、ついたらそれも味と考え使っています。

ボルドーの方が好みだったのですが、私が購入したときは黒しかなかった。三日後にボルドーが販売されたのが少し残念ですが、大事に使っていきます。

シェルコードバンと迷いましたが、こちらは硬すぎず適度な柔軟性を持つ上質なコードバンで気に入っています。

デザインもシンプルで飽きのこないもので、長く使えそうです。汚れや傷に気を付けながら、経年変化を楽しみたいと思います。

小銭入れ部分はマチが少ないため、頻繁に出し入れする場合は比較的取り出すのに苦労するかもしれません。また取り扱いによっては伸びてしまうかもしれません。私は同色の小銭入れを購入予定にしています。

長い間売り切れの状態が続いており、販売開始と同時に購入させて頂きました。ずっとコードバンの財布が欲しかったので、手に入り大満足です。

カードも沢山入りますし、内装のオイルレザーも柔らかいので、コインやカードを取り出しやすいのもグッドです。あまりカードを入れすぎると分厚くなってしまうので、そこは注意が必要かもしれません。

コードバンのつやや、内装のオイルレザーの質感の違いも良く、経年変化を楽しんで行こうと思います。

マイスターコードバン ハイフライヤーを購入しました。長財布が好きで、海外のブランド品もいくつか買ってきましたが、国内のブランド品を買ったのは初めてです。

色はブラックを購入しました。さすが日本製だけあって、大変丁寧な仕上がりで、財布自体も艶々ピカピカ、とても美しく、高級感に溢れています。

買って良かったと実感しております。この美しさを保つため、手入れをしっかりとしながら、ずっと大切に使っていきたいと思います。

ボルドーワインを購入しました。もっと赤ぽい色かと思いましたが暗い所で見ると黒に見えます。明るい所でも公式の画像よりもそこまで赤が強くないように思います。

自分としては赤の財布はどうかなーと不安もあったのですが黒に近いワイン色なのでとても良かったです。

内側の皮もシボがありマルティーニ?の皮と同じような感じでとてもカッコよいです。ただすぐに売り切れとなるので(自分購入の時は5分ほどで購入できなくなっていました)ので常にホームぺージを見て入荷時にすぐ購入しないと手にいれられないのが難点です。

まとめ

”ハイフライヤー”はもともと購入困難なアイテムだったのですが、年々革の希少性が増すとともに、再入荷回数が減少。人気は益々増していますので、さらに入手困難となっています。

口コミにもあるように、「二年待ってやっと購入」といった方もいるほど。在庫があったときは、即購入がよさそうです。

併せて読みたい「コードバン」関連記事

コードバンとは?!自然な光沢&エイジングが魅力の革財布
コードバン財布【20選】本物志向のCORDOVAN WALLET

2019年10月22日コードバン6万円, コードバン, 長財布, 革財布

Posted by m-wallet