ココマイスター・コードバン財布の特徴!3種類の個性

コードバン, 長財布(ラウンドファスナー)

ココマイスター

人気の日本革ブランド「ココマイスター(COCOMEISTER)」では、現在、風情の異なる3種類のコードバン財布シリーズが作られています。

そんなココマイスター・コードバン財布の特徴と魅力をご紹介したいと思います。

COCOMEISTERコードバン財布の特徴&魅力とは!?

COCOMEISTER(ココマイスター)

革素材は、毎年”価格”が変動しています。その上、原皮の品質も年によって、大きく変化することがあることから、革製品も毎年プチリニューアルが繰り返されています。

ココマイスターでも、”革(原皮)の品質低下”があったアイテムは、廃版となり、新しく見出した革素材を使用した新シリーズが登場するといったサイクルが繰り返されて来ています。

CORDOVAN(コードバン)素材においても、同様サイクルの中、現在、下記3種類のコードバン・シリーズが存在しています。

  • ホーウィンシェルコードバン仕様の財布シリーズ
  • 水染めコードバン仕様の財布シリーズ
  • 蝋引きコードバン仕様の財布シリーズ

それぞれの特徴と魅力をお伝えできればと思います。

シェルコードバン無双仕様財布シリーズ

ホーウィン社の刻印

シェルコードバン無双仕様財布シリーズは、最高級CORDOVANに位置づけられている”ホーウィンシェルコードバン”を使用して、仕立てられています。

現在、シェルコードバン・シリーズのラインナップは下記となっています。

ココマイスターのシェルコードバン・シリーズの特徴が「無双仕様」で仕立てられているということ。

”無双仕様”というのは、外装も内装もすべて同じ革を使用して作られた仕様のことで、シェルコードバン・シリーズでは、表革・内革共に最高級のシェルコードバンが活用されています。

ゆえに、コードバン財布としては、最高級な財布シリーズとなっています。

ホーウィンシェルコードバンは、限られた革ブランド・革工房のみが扱える革。

ホーウィンシェルコードバンが最上級の品質を確保するとともに、CORDOVAN素材としての高い価値を維持しているのは、シェルコードバンを創出している”ホーウィン社”が認めた革ブランド・革工房のみがシェルコードバンを取扱うことが可能となっているからです。

実際、一般市場にてシェルコードバンの偽物が多数出回っているのですが(安価なシェルコードバン財布として)、正規ルート(ホーウィン社からの卸売り)にて供給された”シェルコードバン”は価値の高い高価な革。

安価な財布となるわけはないのです。

ココマイスターのシェルコードバン・シリーズは、もちろん正規ルートにて入手したシェルコードバンを使用して創作されているもの。価値の高いシェルコードバン財布となっています。

シェルコードバンの希少カラー「ウィスキー」「ネイビーブルー」

ネイビーブルー

ホーウィン社から革財布用のシェルコードバンとして、日本にメインで流通している色が「黒(ブラック)」と「茶(ブラウン)」です。

各革工房にて、独自にシェルコードバンを染色して、新たな色を作っているケースはありますが、ホーウィン社から卸されている色は、限られているんですね。

そんな中、ココマイスターでは、最近新たな色彩として、「ウィスキー」と「ネイビーブルー」がラインナップに登場しました。

上記写真がネイビーブルーのシェルコードバン長財布(スタンフォード)。

下記写真がウィスキーカラーのシェルコードバン長財布(スタンフォード)です。

スタンフォードのウィスキー色

”ネイビーブルー”は、「高級感」「エグゼクティヴ」な印象が魅力に。

”ウィスキー”は「アンティークな価値観」が魅力となっているものと感じています。

シェルコードバンは”オイルコードバン”。ムラのある色表情が魅力に。

”ウィスキーカラー”の長財布を見ていただけると一番わかりやすいかと思いますが、シェルコードバンはCORDOVAN素材の種類としては「オイルコードバン」となります。

色ムラ感があるのが特徴で、主にシェルコードバン・シリーズでは「ウィスキー」と「ボルドーワイン」の色にて、オイルコードバンならではの見た目の特徴が表れています。

マイスターコードバン財布シリーズ

水染めコードバンの風合い

ココマイスターの”マイスターコードバン財布シリーズ”は、最上級な水染めCORDOVANが使用されています。

水染めCORDOVANならではの特徴と言える”ナチュラルな美しい艶感”が最大限に楽しめるのが、マイスターコードバン財布シリーズとなります。

コードバン素材は”CORDOVAN層”と呼ばれる皮繊維部分のみを使用している革素材で、一般的な革に存在する「銀面」と呼ばれる革層がありません。

単層にて構成されているのがCORDOVAN最大の特徴となっています。

CORDOVAN層のみで形作られていることから、可能となるのが「革の研磨」なんですね。

マイスターコードバン財布シリーズの魅力となっている”美しい艶感”は、革表面を幾度も磨き上げる(研磨)ことによって、創出されているのです。

”コーティング(顔料・ガラス塗装など)”や”オイル”による艶ではなく、CORDOVANを磨き上げることによって、作られたナチュラルな艶なのです。

昔から「コードバン」のイメージとして語られているのが”水染めコードバン”。コードバン財布を代表するアイテムがマイスターコードバン財布シリーズなのです。

マイスターコードバン財布シリーズのラインナップ

水染めコードバン(黒)

現在、ココマイスターのマイスターコードバン財布シリーズには、下記ラインナップが揃っています。

マイスターコードバン財布シリーズの課題点

水染めCORDOVANは、単一の革繊維構造となっていることから、「高い耐久性」を有しています。

その反面、課題として「水の付着に対する弱さ(水シミが生じやすい)」があります。水が付着した時に、革繊維内に水が浸透していきやすいからなんですね。

ですから、そんな”繊細さ”を有していることを念頭に、日々活用することがポイントとなります。

雨水などが付着したときに、すぐに拭き取ることを心がけておきさえすれば、末永く愛用していくことが可能な革財布となります。

蝋引きコードバン・クラシックシリーズ

蝋引きコードバン

ココマイスターでは、CORDOVAN素材の中でも珍しい”蝋引きCORDOVAN”を使用した財布シリーズがあります。

初代の蝋引きコードバン財布シリーズに対して、最近新たに全面リニューアル。装いも新たとなったのが”蝋引きコードバン・クラシックシリーズ”です。

現在、コードバン・クラシックシリーズでは下記ラインナップが揃っています。

コードバンクラシックシリーズに関する、特徴・魅力に関しては、下記記事にて特集していますので、ご参照いただければと思います。

  1. ※蝋引きCORDOVAN財布※コードバン・クラシックシリーズ

併せて読みたい「コードバン財布」関連記事

  1. コードバン財布(一覧)
  2. ※最新情報※おすすめコードバン長財布ランキング!薄いメンズ財布
  3. シェルコードバン財布特集!本物のHORWEEN社製革仕様

ココマイスター(COCOMEISTER)情報

  1. ココマイスター(COCOMEISTER)とは?!